玉置 和郎(読み)タマキ カズオ

20世紀日本人名事典の解説

玉置 和郎
タマキ カズオ

昭和期の政治家 衆院議員(自民党);総務庁長官;宗教政治研究会会長。



生年
大正12(1923)年1月1日

没年
昭和62(1987)年1月25日

出生地
和歌山県御坊市

学歴〔年〕
北京中央鉄路学院本科〔昭和16年〕修了,拓殖大学大学院〔昭和41年〕修了

経歴
終戦後、製塩、ゴム工場などさまざまな商売に手を出し、やがて上京、自民党本部職員となる。早川労相秘書を経て、「成長の家」の支援で昭和40年以来、参院当選3回。党総務、参院行革委員長、農林政務次官、沖縄開発政務次官等歴任。40年代後半から青嵐会きっての“暴れん坊”として売り出す。52年には宗教政治研究会を設立、「参院のドン」「政界のフィクサー」「寝業師」の異名をとった。58年衆院にクラ替えし、2期。61年第3次中曽根内閣の総務庁長官に就任、在任中に死亡した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

玉置 和郎
タマキ カズオ


肩書
衆院議員(自民党),総務庁長官,宗教政治研究会会長

生年月日
大正12年1月1日

出生地
和歌山県御坊市

学歴
北京中央鉄路学院本科〔昭和16年〕修了 拓殖大学大学院〔昭和41年〕修了

経歴
終戦後、製塩、ゴム工場などさまざまな商売に手を出し、やがて上京、自民党本部職員となる。早川労相秘書を経て、「成長の家」の支援で昭和40年以来、参院当選3回。党総務、参院行革委員長、農林政務次官、沖縄開発政務次官等歴任。40年代後半から青嵐会きっての“暴れん坊”として売り出す。52年には宗教政治研究会を設立、「参院のドン」「政界のフィクサー」「寝業師」の異名をとった。58年衆院にクラ替えし、2期。61年第3次中曽根内閣の総務庁長官に就任、在任中に死亡した。

趣味
剣道

没年月日
昭和62年1月25日

家族
兄=玉置 修吾郎(御坊市長)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android