玉翁(2)(読み)ぎょくおう

  • 玉翁(2) ぎょくおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1740-1822 江戸時代中期-後期の僧。
元文5年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の人。浄土宗学僧。京都永観堂の住持となり,本堂などを再建。詩文や書,墨竹画をよくしたが,世に知られるのをよろこばず,しばしば号をかえたという。文政5年10月10日死去。83歳。法名は澹空(たんくう)。字(あざな)は旭応。別号に岳陽,煕庵など。著作に「往生論註疏(ちゅうしょ)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android