コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉造[町] たまつくり

百科事典マイペディアの解説

玉造[町]【たまつくり】

茨城県霞ヶ浦北東岸,行方(なめがた)郡の旧町。主集落は霞ヶ浦舟運で栄えた。三昧塚(さんまいづか)古墳西蓮寺重要文化財)がある。鹿島鉄道が通じる。米作,園芸,エシャロットの栽培が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たまつくり【玉造[町]】

茨城県南部,行方(なめがた)郡の町。人口1万4184(1995)。霞ヶ浦の北東岸に位置し,町域の東部,北部は行方台地が占める。湖岸低地では米,台地上ではラッカセイ葉タバコなどが生産され,近年はイチゴ,ミツバなどの生産がふえている。霞ヶ浦の内水面漁業も盛んで,網いけすや水田を利用したコイの養殖が行われ,梶無川河口には県の内水面水産試験場がある。鹿島臨海工業地域後背地として工業団地が造られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android