玉鬘・玉葛(読み)たまかずら

大辞林 第三版の解説

たまかずら【玉鬘・玉葛】

源氏物語の巻名。第二二帖。また、その女主人公の名。頭中将と夕顔との間に生まれ、筑紫に育ってのち、光源氏に引き取られ、髭黒大将に嫁した。
能の一。四番目物。金春禅竹こんぱるぜんちく作。「源氏物語」の玉鬘の巻に基づく。玉鬘の霊が、旅僧に昔語りをし、心乱れるありさまとなるが、僧の弔いによって成仏する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android