コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王寵 おう ちょう

1件 の用語解説(王寵の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

王寵

明代の画家。江蘇省蘇洲生。字は履仁、のち履吉、別号に雅宜山人。諸生となり、度々科挙に応じたが終に及第しなかった。詩・書・画を能くし、書は虞世南・王献之に私淑し一家を成した。画は黄公望倪瓚の法に学び、山水を能くして、文徴明の後第一とされる。また篆刻は文彭と並び称された。嘉靖12年(1533)歿、40才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王寵の関連キーワード石璞王椒畦王巌張澹沈士充張宗蒼文徴明季秉徳胡駿声呉椿

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone