王寵(読み)おう ちょう

美術人名辞典の解説

王寵

明代の画家。江蘇省蘇洲生。字は履仁、のち履吉、別号に雅宜山人。諸生となり、度々科挙に応じたが終に及第しなかった。詩・書・画を能くし、書は虞世南王献之に私淑し一家を成した。画は黄公望倪瓚の法に学び、山水を能くして、文徴明の後第一とされる。また篆刻は文彭と並び称された。嘉靖12年(1533)歿、40才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android