コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王滝村とおんたけスキー場

1件 の用語解説(王滝村とおんたけスキー場の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

王滝村とおんたけスキー場

村は61年にオープンしたスキー場を基幹産業と位置づけ、ゴンドラや入浴施設の設備投資を続けてきた。バブル景気のころには毎年4億〜8億円の利益を上げていたが、スキーブームが去ったことなどで客足は激減。03年度にはピークの約67万人(93年)の約2割に。JAなどから借金を重ね、00年度には約21億円まで膨らんだ。毎年約2億円ずつ返す計画だったが、経営が行き詰まり、02年度からは一般会計で返済。05年10月、村は負債を切り離したうえで、民間リゾート会社に経営を委託した。村の人口は約千人。06年度は一般会計(歳出)約16億円のうち、約3億9千万円を債務返済などスキー場関連に充てている。

(2006-12-01 朝日新聞 朝刊 長野東北信 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王滝村とおんたけスキー場の関連キーワードオープングループオープンカーオープンキッチンオープンシャツオープン選手権山スキージオープンおんたけ2240ロープトウ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone