玖村 敏雄(読み)クムラ トシオ

20世紀日本人名事典「玖村 敏雄」の解説

玖村 敏雄
クムラ トシオ

昭和期の教育学者 元・福岡学芸大学学長。



生年
明治29(1896)年12月8日

没年
昭和43(1968)年2月21日

出生地
山口県

学歴〔年〕
山口県師範本科第2部〔大正4年〕,広島高等師範教育科〔大正15年〕卒

経歴
小学校訓導、高等女学校教諭を勤め、大正13年広島高等師範学校徳育専攻科に再入学。15年広島師範学校教諭、昭和4年広島高等師範学校講師、5年教授となった。岩波書店の「吉田松陰全集」の編纂委員を務めた後、19年文部省教学官となり、学校教育局師範教育課長、大学学術局教職員養成課長を経て28年山口大学教授、同教育学部長となり、九州大学講師を兼任。35年山口大学を定年退官、37年福岡学芸大学長となった。43年退職。著書に「ペスタロツチの生涯」「吉田松陰の思想と教育」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android