珍紛漢・珍糞漢・陳奮翰(読み)ちんぷんかん

大辞林 第三版の解説

ちんぷんかん【珍紛漢・珍糞漢・陳奮翰】

( 名 ・形動 )
〔儒者の用いた難解な漢語に擬した造語。あるいは外国人の言葉の口まねからともいう〕
人の話している言葉や内容が全くわからないこと。話が全く通じないこと。また、そのさま。ちんぷんかんぷん。 「きょうの話はとてもむずかしくて-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android