コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珠貝・玉貝 たまがい

大辞林 第三版の解説

たまがい【珠貝・玉貝】

腹足綱タマガイ科の巻貝の総称。球形または卵形で、光沢があり、石灰質または革質のふたをもつ。砂中に潜り、二枚貝などをとらえ、殻に穴をあけて肉を食べる。卵囊は砂を粘液で固めたもので「砂茶碗すなぢやわん」と呼ばれる。多く熱帯域に分布。
アコヤガイの異名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

珠貝・玉貝の関連キーワードアコヤガイ二枚貝石灰質球形粘液卵形革質砂中巻貝

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android