コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珪素・硅素・ケイ素 けいそ

1件 の用語解説(珪素・硅素・ケイ素の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

けいそ【珪素・硅素・ケイ素】

14 族(炭素族)元素の一。元素記号 Si  原子番号14。原子量28.09。天然には遊離の状態では産出しないが、酸化物やケイ酸塩として岩石中に多量に存在し、地殻中の存在量は酸素に次ぐ。単体のケイ素は暗青色の正八面体の結晶または褐色の無定形固体。高純度のものは典型的な半導体で、トランジスタ・集積回路その他の半導体素子として用いる。また、ケイ素樹脂・シリコーン油などの有機ケイ素化合物としても重要。シリコン。 〔自然科学ではケイ素と書く〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone