コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現憲法下の首相の在任期間

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

現憲法下の首相の在任期間

最短は羽田孜氏の64日(1994年4~6月)。社会党の連立離脱による政権運営の行き詰まりが原因だった。続く65日は石橋湛山氏(56年12月~57年2月)、69日は宇野宗佑氏(89年6~8月)。鳩山氏ら最近の4首相はいずれも期間の短い順に10位以内に入る。最長は佐藤栄作氏の2798日(64年11月~72年7月)。

(2010-06-06 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

現憲法下の首相の在任期間の関連キーワード[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門クエンティン タランティーノ平山郁夫トム ハンクスマーティン ランドーアンネの日記英仏海峡トンネル藤本義一シャ乱Q

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android