コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現憲法下の首相の在任期間

1件 の用語解説(現憲法下の首相の在任期間の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

現憲法下の首相の在任期間

最短は羽田孜氏の64日(1994年4~6月)。社会党の連立離脱による政権運営の行き詰まりが原因だった。続く65日は石橋湛山氏(56年12月~57年2月)、69日は宇野宗佑氏(89年6~8月)。鳩山氏ら最近の4首相はいずれも期間の短い順に10位以内に入る。最長は佐藤栄作氏の2798日(64年11月~72年7月)。

(2010-06-06 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現憲法下の首相の在任期間の関連キーワード羽田月洲羽田孜新生党新党さきがけ最短自明定命国内空路の利用客残留孤児・婦人訴訟判決羽田武嗣郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone