球押黄金虫・球押金亀子(読み)たまおしこがね

精選版 日本国語大辞典の解説

たまおし‐こがね【球押黄金虫・球押金亀子】

〘名〙 コガネムシ科のダイコクコガネ亜科に属する甲虫のうち、獣糞の球を転がす性質のあるものの総称。体長二~四〇ミリメートルの扁平で幅広い卵形の甲虫で、多くは黒色をし、時に金属光沢を帯びる。動物の新しい糞に集まり、これを大きな球に丸めてころがし、地面に掘った穴に運び卵を産みつけて死ぬ。幼虫は内部で育ち成虫として外に出てくるため、古代エジプトでは不滅の魂として神聖視した。代表種にファーブルの「昆虫記」に出てくる聖タマコガネがある。主に、ヨーロッパと北部を除いたアジア、アフリカに分布し、日本では微小(二~三ミリメートル)なマメダルマコガネが、小糞塊を運ぶことが知られている。スカラベ。ふんころがし。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android