理屈・理窟(読み)りくつ

大辞林 第三版の解説

りくつ【理屈・理窟】

すじの通った考え。道理。 「 -に合ったやり方」
無理にこじつけた理由や論理。 「 -をつける」 「こむずかしい-をこねる」
物事がそうなる理由。ことわり。 「 -ではわかっている」
事情。わけ。具合。 「おつかさんの方の-や何かでね都合がわりいから/洒落本・角鶏卵」
色事。情事。 「はや床の-もすんだとみえ/洒落本・意妓の口」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

り‐くつ【理屈・理窟】

〘名〙
① もっともな論理。すじの通ったわけ。ことわり。道理。
※都氏文集(879頃)五「未梟禽之怒、理窟難究」
※延慶本平家(1309‐10)一本「我山に流布し給て諸宗の明徳をして開講論義を読れけるに理崛猶極めず思はれけれは」
② (形動) 理論ばかりにかたよること。また、そのようなさま。こじつけた理論。無理につじつまを合わせた条理。
※天理本狂言・雁かりがね(室町末‐近世初)「鴈ならばがんとは申さいで、りくつな事を申たゆへじゃ」
※俳諧・去来抄(1702‐04)先師評「先師重ねて曰、角・来が弁皆理屈なり。我はただ花より松の朧にて、おもしろかりしのみと也」 〔晉書‐張憑伝〕
③ 利益・都合・事情などにかなうこと。
※歌舞伎・五大力恋緘(1793)二幕「『土瓶は茶がわるうならうかと存じて、用意致して置きました』ト日向につりあり『こいつは理窟ぢゃ、どれどれ』」
④ (━する) 色事の事情や、段取りなど。諸分。また、色事をすること。
※黄表紙・御存商売物(1782)上「青本は妹柱かくしと一枚絵がりくつを知り、どふぞすへは一つにしてやらんと」
⑤ やりくり。方策。心づもり。魂胆。
洒落本・奴通(1780か)「そしてソレ伊勢屋の方の理くつも、あの子は内へかくすのを、おめへがはたれへて遣ったじゃアねへか」
⑥ こごと。文句。
※洒落本・通言総籬(1787)二「そんなにさわいだら又、やりてがみせ三味線の一といふ声でりくつをいふが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android