コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理研バイオリソースセンター

1件 の用語解説(理研バイオリソースセンターの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

理研バイオリソースセンター

理化学研究所が2001年に開設した実験用の生物資源(バイオリソース)の収集、保存、提供の拠点。研究者が開発した遺伝子組み換えマウス受精卵を預かり、希望者には1匹1万円ほどで販売。約6900種類を扱う国内トップの提供機関として知られる。研究機関としてはマウスの開発や保存にかかる手間とコストが省けるため、昨年度は延べ約700機関が計約2800匹を購入した。

(2014-06-22 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

理研バイオリソースセンターの関連キーワード入江為常玉虫文一理化学研究所苫小牧駒澤大学独立行政法人理化学研究所実験室基礎生物学研究所(基生研)小川智也清水武雄本多侃士

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

理研バイオリソースセンターの関連情報