コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琢如上人

美術人名辞典の解説

琢如上人

江戸前期の浄土真宗の僧。東本願寺十四世。十三世光従(宣如上人)の次子幼名は茶々麿、諱は光瑛、琢如は法名。九条左大臣道房の猶子となり、寛永15年得度。慶安4年大僧都に任じられ、宗務を継ぐ。将軍家綱から東山の地を与えられ、祖廟を移す。寛文11年(1671)寂、47才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

琢如上人の関連キーワード成等院尼

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android