コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琥珀織り・琥珀織 こはくおり

大辞林 第三版の解説

こはくおり【琥珀織り・琥珀織】

たて糸を密に、緯よこ糸に比較的太い糸を用いて平織りにし、横うねを表した練り絹織物。羽織地・袴地・帯地などに用いる。中国渡来のものであったが、天和年間(1681~1684)より京都西陣で織り出すようになった。横筋斜子ななこ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

琥珀織り・琥珀織の関連キーワード帯地

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android