コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴爪・箏爪・筝爪 ことづめ

大辞林 第三版の解説

ことづめ【琴爪・箏爪・筝爪】

ことの演奏の際に弦を弾く小さな義甲。弦を弾く部分は象牙など堅い材料で製し、革製の輪を付けて、右手の拇指ぼし・食指・中指にはめて弾弦する。現行の箏曲では、生田流は角爪かくづめ、山田流は丸爪まるづめを用いる。つめ。ことづま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

琴爪・箏爪・筝爪の関連キーワード山田流生田流義甲現行つめ中指象牙食指箏曲

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android