コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴爪・箏爪・筝爪 ことづめ

大辞林 第三版の解説

ことづめ【琴爪・箏爪・筝爪】

ことの演奏の際に弦を弾く小さな義甲。弦を弾く部分は象牙など堅い材料で製し、革製の輪を付けて、右手の拇指ぼし・食指・中指にはめて弾弦する。現行の箏曲では、生田流は角爪かくづめ、山田流は丸爪まるづめを用いる。つめ。ことづま。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

琴爪・箏爪・筝爪の関連キーワード山田流生田流義甲現行つめ中指象牙食指箏曲

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android