コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琵琶湖環状線

1件 の用語解説(琵琶湖環状線の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

琵琶湖環状線

県が北陸線と湖西線の直流化事業につけた愛称で、03年に着工。総事業費は約161億円。うち県と沿線の3市6町で約75億円、福井県側は約68億円を負担し、JR西日本は新快速用車両の新造費用18億円を負担した。JRは琵琶湖を一周させる定期列車は運行させておらず、「誤解を招く」として、琵琶湖環状線という呼称は使っていない。

(2009-05-16 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

琵琶湖環状線の関連キーワード北陸本線湖西線感化事業湖西酢につけ粉につけ雨につけ風につけ北陸線・湖西線の直流化事業信越・北陸線農地集積加速化事業並行在来線と枝線

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone