コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琵琶湖開発事業の割賦負担金

1件 の用語解説(琵琶湖開発事業の割賦負担金の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

琵琶湖開発事業の割賦負担金

1968年度から91年度にかけ、琵琶湖で実施された大規模な利水・治水事業(総事業費約3500億円)の負担金。阪神水道企業団は淀川に取水口を設けており、その源流が琵琶湖にあたることから約750億円を負担した。92年度以降、事業主体の水資源機構分割払いを続けており、今年度約45億円を支出している。

(2010-08-28 朝日新聞 朝刊 阪神 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

琵琶湖開発事業の割賦負担金の関連キーワード過年度過年度支出現年度年度明年度初年度保険料京都市の優先雇用食料自給率目標母子加算の廃止学校の英語

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone