コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞穂〈町〉 みずほ〈ちょう〉

4件 の用語解説(瑞穂〈町〉の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕瑞穂〈町〉(みずほ〈ちょう〉)


京都府中部、丹波高地西部に存在した町。船井(ふない)郡。
質志(しずし)鍾乳洞(しょうにゅうどう)が有名。2005年(平成17)10月、合併のため廃止。⇒京丹波町

〔旧地名〕瑞穂〈町〉(みずほ〈ちょう〉)


島根県中部、広島県境の山間に存在した町。邑智(おおち)郡。
2004年(平成16)10月、合併のため廃止。⇒邑南町

〔旧地名〕瑞穂〈町〉(みずほ〈ちょう〉)


長崎県南東部、島原半島北部に存在した町。南高来(みなみたかき)郡。
良質米の産地。工業化も進展。2005年(平成17)、合併のため廃止。⇒雲仙市

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone