瑞竜軒(2代)(読み)ずいりゅうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瑞竜軒(2代) ずいりゅうけん

?-? 江戸時代後期の講釈師。
出自については,初代の実子甚蔵,初代の門人,初代の養子と3説がある。文化13年(1816)典仁(すけひと)親王の尊号をめぐる朝廷と幕府の紛議(尊号一件)を講じて捕らえられ,追放に処せられたという。姓は赤松。初号は随宗。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android