コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境クズネッツ曲線 かんきょうくずねっつきょくせん environmental Kuznetz curve

1件 の用語解説(環境クズネッツ曲線の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

環境クズネッツ曲線

横軸に1人当たり平均所得を取り、縦軸に環境汚染の程度を取ると、1人当たりの所得増加につれて初めは汚染が増大し、一定レベルに達した後、やがて低下に転ずる逆U字型の曲線を描く。この曲線を環境クズネッツ曲線と呼ぶ。所得水準の向上につれ、環境規制の技術や制度が整い、人々が環境をより重視するようになるので、経済活動が活発になっても(なるからこそ)環境汚染が相対的に減少すると解釈されている。しかしこのことから、所得水準の向上を追求すれば環境問題が解決できる、と楽観することはできないし、不可逆的な被害が生じないとも限らない

(植田和弘 京都大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環境クズネッツ曲線の関連キーワードガウス平面イールドカーブ成長曲線確率紙粒径分布曲線セグレチャートタルボット式(降雨)バーチダイアグラムプールベイ図フロートの図表

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone