コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境基準と生物化学的酸素要求量

1件 の用語解説(環境基準と生物化学的酸素要求量の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

環境基準と生物化学的酸素要求量

環境基準は環境基本法が定めている。「人の健康を保護し、生活環境を保全するうえで維持されるのが望ましい」とされる基準。河川の基準値は、厳しい方からAA~Eに6分類されており、調査地点の状況によって異なる。代表的な基準値が生物化学的酸素要求量(BOD)。水1リットル中の有機物微生物が分解するために使う酸素の量。値が大きいほどより汚れている。

(2010-09-25 朝日新聞 朝刊 宮崎全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環境基準と生物化学的酸素要求量の関連キーワードゼロエミッションBOD環境基準テトラクロロエチレン排水基準環境基本法環境基本計画硝酸性窒素類・亜硝酸性窒素類(Nitrate-NO(3), Nitrite-NO(2))生物多様性基本法うるささ指数(WECPNL)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone