コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境影響評価(環境アセスメント)

1件 の用語解説(環境影響評価(環境アセスメント)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

環境影響評価(環境アセスメント)

環境影響評価法に基づいて、道路建設や埋め立てなどの事業が環境に悪影響を及ぼさないかを調べる制度。住民や自治体の意見も聴いて環境影響評価をまとめ、評価結果は事業計画に反映させることが定められている。米軍普天間飛行場の移設では防衛省が評価書を提出する。沖縄県知事は埋め立て部分は90日以内、飛行場は45日以内に意見を提出。防衛省は必要に応じて内容を修正して評価書を確定させて公表。1カ月間の縦覧期間が終われば、国が着工に向けた埋め立て許可を知事に申請することが可能になる。

(2011-11-30 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環境影響評価(環境アセスメント)の関連キーワード環境アセスメント環境影響評価地方道路公社日本道路公団環境評価環境アセスメント法環境影響評価法首都高速道路公団阪神高速道路公団環境影響評価(アセスメント)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

環境影響評価(環境アセスメント)の関連情報