コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境用水に係る水利使用許可の取り扱い基準

1件 の用語解説(環境用水に係る水利使用許可の取り扱い基準の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

環境用水に係る水利使用許可の取り扱い基準

水質や親水空間、修景などの生活環境または動植物などの生息、生育など自然環境の維持、改善を図る目的の用水を環境用水と呼ぶ。使用許可の申請主体は原則、地方公共団体だが、地域のまちづくり計画などに位置づけられれば、NGOなども申請が可能。取水量は、水道用水などに影響を及ぼさない範囲とし、許可期間は原則3年で、3年ごとに見直す。

(2006-05-17 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環境用水に係る水利使用許可の取り扱い基準の関連キーワードグリーンベルト公害水質汚濁生活環生活空間造園環境汚染水質親水権水質検査

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone