コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境音楽[ambient music] カンキョウオンガク

音楽用語ダスの解説

環境音楽[ambient music]

音楽を、自然や家具などのような環境の一部とする考えによって19世紀末に考案された音楽。音楽が突出することなく、まわりの環境にとけ込んで耳に入ってくる感じが特徴。この方法論を取り入れたアンビエント・ハウスなど、現代のポピュラー・ミュージックにも影響を与えている。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて | 情報

環境音楽[ambient music]の関連キーワードバックグラウンド・ミュージック[background music]アンビエント・ハウス[ambient house]バックグラウンド・ミュージックアンビエント・ミュージックアンビエントミュージックモーガン フィッシャーミニマル・ミュージックヒーリングミュージックブライアン イーノマーク アイシャムクラフトワークシェーファーアンビエントKUJUN家具の音楽比較美学高本恭子音響装置サティ長良川

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android