環太平洋経済連携 協定(TPP)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

環太平洋経済連携 協定(TPP)

Trans-PacificPartnershipAgreementの略。太平洋を囲む国々が国境を超えて、人、モノ、カネの移動を自由にしようという約束。2006年にシンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイの4カ国で始まった。現在、米国や豪州、ペルー、マレーシア、ベトナムが加わった9カ国が交渉中。米ハワイで開かれる12、13日のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で大枠合意をめざす。工業品や農産品の関税では、二国間の自由貿易協定(FTA)や経済連携協定(EPA)よりも高い水準の100%撤廃を原則とする。

(2011-11-12 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android