環太平洋経済連携協定(TPP=Trans―Pacific Partnership)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

環太平洋経済連携協定(TPP=Trans―Pacific Partnership)

太平洋を囲む国々が、輸入品にかけている税金(関税〈かんぜい〉)をお互いになくしたり、人やお金の行き来をしやすくしたりして、自由な経済圏を作ろうという取り組み。シンガポールチリなど4カ国による小さな枠組みだったが、2010年に米国が入って注目されるようになった。今は11カ国でルール作りを進めている。

(2012-12-03 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android