コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環太平洋経済連携協定(TPP=Trans―Pacific Partnership)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

環太平洋経済連携協定(TPP=Trans―Pacific Partnership)

太平洋を囲む国々が、輸入品にかけている税金(関税〈かんぜい〉)をお互いになくしたり、人やお金の行き来をしやすくしたりして、自由な経済圏を作ろうという取り組み。シンガポールチリなど4カ国による小さな枠組みだったが、2010年に米国が入って注目されるようになった。今は11カ国でルール作りを進めている。

(2012-12-03 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

環太平洋経済連携協定(TPP=Trans―Pacific Partnership)の関連キーワード反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党環大西洋貿易投資パートナーシップ日豪経済連携協定(日豪EPA)北米自由貿易協定(NAFTA)東アジア地域包括的経済連携米大統領選挙(2016)アジア太平洋自由貿易圏農業者戸別所得補償制度スナップ・バック条項TPPの日米並行協議東アジア共同体構想クールジャパン戦略チェック・オフ制度貿易の技術的障害聖域なき関税撤廃生産調整(減反)リバランス政策TPPイレブン日本維新の会経済連携協定

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android