環太平洋経済連携協定(TPP)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

環太平洋経済連携協定(TPP)

関税を撤廃し、太平洋を囲む国々が人、モノ、カネの移動を自由化しようという貿易協定。2006年にシンガポールニュージーランドチリブルネイの4カ国が参加して始まった。現在は米国や豪州などが参加を前提に交渉に入っている。日本は、菅直人首相が参加に意欲を示しているが、与党内にも慎重論が強く、見通しは立っていない。

(2011-02-11 朝日新聞 朝刊 山梨全県 1地方)

環太平洋経済連携協定(TPP)

太平洋を囲む国々が輸入品関税をなくしたり、人やお金の行き来をしやすくしたりして、自由な経済圏を作る取り組み。その枠組みを作るため、現在進められている交渉の対象は21分野あり、知的財産政府調達(公共事業)、金融、物品の市場参入(関税撤廃)など。参加国は日本を含め12カ国。交渉は今回で18回目で、今年中の妥結をめざしている。今回から参加した日本は、原則として合意済みの事項について議論を蒸し返せない。

(2013-07-25 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

環太平洋経済連携協定(TPP)の関連情報