コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環太平洋経済連携 協定(TPP)

1件 の用語解説(環太平洋経済連携 協定(TPP)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

環太平洋経済連携 協定(TPP)

Trans-PacificPartnershipAgreementの略。太平洋を囲む国々が国境を超えて、人、モノ、カネの移動を自由にしようという約束。2006年にシンガポールニュージーランド、チリ、ブルネイの4カ国で始まった。現在、米国や豪州、ペルーマレーシアベトナムが加わった9カ国が交渉中。米ハワイで開かれる12、13日のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で大枠合意をめざす。工業品や農産品の関税では、二国間の自由貿易協定(FTA)や経済連携協定(EPA)よりも高い水準の100%撤廃を原則とする。

(2011-11-12 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環太平洋経済連携 協定(TPP)の関連キーワードエライジン酸TEEレチナールTNOTFAカロテン当量共役脂肪酸ビタミンA2レチノール当量和の法則(回転異性体)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

環太平洋経済連携 協定(TPP)の関連情報