環日本海経済圏構想

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

環日本海経済圏構想

ロシア沿海地方、中国東北部、韓国、北朝鮮、日本の日本海側を中心とした地域で経済発展を目指す構想。1980年代後半から叫ばれ始めたが、ソ連崩壊後のロシアの混乱や中国東北部の開発の遅れなどで、日本の中小企業進出は難しい状態が続いた。経済グローバル化圏域を設ける意味が薄れたこともあって、最近は言葉として使われることが少なくなったものの、環日本海での経済交流は徐々に進んでいる。

(2016-01-10 朝日新聞 朝刊 福井全県・1地方)

環日本海経済圏構想

ロシア沿海地方、中国東北部、韓国、北朝鮮、日本の日本海側を中心とした地域で経済発展を目指す構想。1980年代後半から叫ばれ始めたが、ソ連崩壊後のロシアの混乱や中国東北部の開発の遅れなどで、日本の中小企業の進出は難しい状態が続いた。経済のグローバル化で圏域を設ける意味が薄れたこともあって、最近は言葉として使われることが少なくなったものの、環日本海での経済交流は徐々に進んでいる。

(2016-01-18 朝日新聞 朝刊 石川全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android