コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓠・匏・瓢・柄杓・杓(読み)ひさご

大辞林 第三版の解説

ひさご【瓠・匏・瓢・柄杓・杓】

〔古くは「ひさこ」〕
ヒョウタン・ユウガオ・トウガンなどの果実の総称。ふくべ。 [季] 秋。
ヒョウタンの果実の内部の柔らかい果肉を取り去って乾燥させたもの。酒や水の容器とした。ふくべ。
(「柄杓」「杓」と書く)瓠を縦半分に割って水を汲むのに用いた用具。ひしゃく。
家紋の一。ひょうたんの実や花をかたどったもの。丸に一つ瓠、抱き瓠など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android