コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓢箪鯰・瓢簞鯰 ひょうたんなまず

大辞林 第三版の解説

ひょうたんなまず【瓢箪鯰・瓢簞鯰】

〔「瓢簞で鯰なまずを押さえる」から〕 とらえどころのないさま。また、そのような人。
歌舞伎舞踊の一。長唄。本名題「拙筆力七以呂波にじりがきななついろは」の七変化の一。二世瀬川如皐作詞。1828年江戸中村座初演。大津絵の瓢簞鯰を舞踊化した陽気でひょうきんな踊り。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

瓢箪鯰・瓢簞鯰の関連キーワード歌舞伎舞踊本名題大津絵七変化瓢簞鯰長唄

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android