コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甕の蓋 カメノフタ

デジタル大辞泉の解説

かめ‐の‐ふた【×甕の蓋】

茶道具の建水の一。平たい形で、灰器や水指の蓋にも使う。もと南蛮物(なんばんもの)で、瓶(かめ)の蓋に用いたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かめのふた【甕の蓋】

南蛮焼きの一。本来は甕の蓋であったもので、茶人によって建水あるいは灰器に見立てられ重用された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報