コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘樫丘東麓(あまかしのおかとうろく)遺跡 あまかしのおかとうろくいせき

1件 の用語解説(甘樫丘東麓(あまかしのおかとうろく)遺跡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

甘樫丘東麓(あまかしのおかとうろく)遺跡

奈良県明日香村で2005年11月、7世紀中頃(飛鳥時代)の掘っ建て柱建物5棟、塀などの遺構が見つかった。そばで以前に大量の焼けた木材、壁なども出土しており、大化改新クーデターで倒された蘇我入鹿(そがのいるか)の邸宅跡の可能性が高いという。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甘樫丘東麓(あまかしのおかとうろく)遺跡の関連キーワード飛鳥雷丘(いかづちのおか)古都豊浦宮飛鳥京跡明日香保存法真神原岩屋山古墳新漢済文松村又一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone