コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘樫丘東麓(あまかしのおかとうろく)遺跡 あまかしのおかとうろくいせき

知恵蔵の解説

甘樫丘東麓(あまかしのおかとうろく)遺跡

奈良県明日香村で2005年11月、7世紀中頃(飛鳥時代)の掘っ建て柱建物5棟、塀などの遺構が見つかった。そばで以前に大量の焼けた木材、壁なども出土しており、大化改新クーデターで倒された蘇我入鹿(そがのいるか)の邸宅跡の可能性が高いという。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

甘樫丘東麓(あまかしのおかとうろく)遺跡の関連キーワードラムサール条約日本のラムサール条約登録湿地小泉純一郎内閣APEC[各個指定]工芸技術部門リー イーユンアンドルー ジョーンズロナウジーニョいたばし太郎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android