コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘露寺資経

1件 の用語解説(甘露寺資経の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

甘露寺資経

鎌倉前・中期の公卿。定経の長男。号は吉田大弐。信濃守、参議等を経て大弐正三位参議に至る。『平家物語』の作者として名が伝えられる。その筆蹟は慶安手鑑に見ることができる。建長3(1251)年歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甘露寺資経の関連キーワード今城定経近衛家熙吉田兼隆西山鑑智国師烏丸光賢近衛家基藤原定経藤原資経藤原宗長吉田豊隆

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone