コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘露寺資経

美術人名辞典の解説

甘露寺資経

鎌倉前・中期の公卿。定経の長男。号は吉田大弐。信濃守、参議等を経て大弐正三位参議に至る。『平家物語』の作者として名が伝えられる。その筆蹟は慶安手鑑に見ることができる。建長3(1251)年歿、75才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

甘露寺資経の関連キーワード万里小路家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android