甚句(甚九)(読み)じんく

世界大百科事典 第2版の解説

じんく【甚句(甚九)】

日本の民謡の種類。民謡の中には《米山甚句》《両津甚句》《木更津甚句》など,甚句曲名にするものが数多くある。甚は〈地ン句〉であり,〈地の句〉すなわち土地土地に発生した歌であるというや,神に供える歌という意味の〈神供〉説もある。また江戸時に流行した《兵庫口説(くどき)》の中に《長崎えびや甚九》があり,〈こんど長崎海老屋の甚九 親の代から小間物売りで……〉と,長崎の商人海老屋甚九郎を歌った歌が流行して,《海老屋節》や《甚九郎節》になり,それが各地に広まって甚句あるいは甚九として定着したとする説もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android