コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甚句(甚九) じんく

世界大百科事典 第2版の解説

じんく【甚句(甚九)】

日本の民謡の種類。民謡の中には《米山甚句》《両津甚句》《木更津甚句》など,甚句を曲名にするものが数多くある。甚句は〈地ン句〉であり,〈地の句〉すなわち土地土地に発生した歌であるという説や,神に供える歌という意味の〈神供〉説もある。また江戸時代に流行した《兵庫口説(くどき)》の中に《長崎えびや甚九》があり,〈こんど長崎海老屋の甚九 親の代から小間物売りで……〉と,長崎の商人海老屋甚九郎を歌った歌が流行して,《海老屋節》や《甚九郎節》になり,それが各地に広まって甚句あるいは甚九として定着したとする説もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android