コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甚目寺〈町〉 じもくじ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕甚目寺〈町〉(じもくじ〈ちょう〉)


愛知県西部、濃尾(のうび)平野中部に存在した町。海部(あま)郡。
飛鳥時代創建と伝えられる甚目寺(南大門、三重塔などは国の重要文化財に指定)がある。2010年(平成22)3月、合併により自治体としては廃止。⇒あま市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

甚目寺〈町〉の関連キーワード甚目寺(愛知県の地名)愛知県あま市甚目寺餅菜(正月菜)愛知県あま市七宝[町]あま[市]名古屋仏壇方領大根白花千石まつな美和七宝

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android