生け花・活花・挿花(読み)いけばな

大辞林 第三版の解説

いけばな【生け花・活花・挿花】

草木の枝・茎・花・葉などを素材に花器と組み合わせ、形をととのえて鑑賞用の作品を作る日本固有の伝統芸術。立花たてはな・立華りつか・生花・抛入花なげいればな・盛花・投入・自由花などの形式がある。
室町時代、手桶などに生かしていた花材を室内の飾りに用いたもの。
植物の出生しゆつしようを理論化し、表現法を形式化して役枝を定めた花。格花。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android