生け花・活花・挿花(読み)いけばな

大辞林 第三版の解説

いけばな【生け花・活花・挿花】

草木の枝・茎・花・葉などを素材に花器と組み合わせ、形をととのえて鑑賞用の作品を作る日本固有の伝統芸術。立花たてはな・立華りつか・生花・抛入花なげいればな・盛花・投入・自由花などの形式がある。
室町時代、手桶などに生かしていた花材を室内の飾りに用いたもの。
植物の出生しゆつしようを理論化し、表現法を形式化して役枝を定めた花。格花。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android