コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生ノ松原 いきのまつばら

2件 の用語解説(生ノ松原の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕生ノ松原(いきのまつばら)


福岡市西区、今津(いまづ)湾岸にある松原。北に能古(のこの)島を望む白砂青松の景勝地。松林は最大幅約0.5km、長さ約1.5km。玄海(げんか)国定公園に属し、夏は海水浴場としてにぎわう。元寇(げんこう)防塁の跡が残る。西に続く長垂(ながたれ)海岸との間に天然記念物の含紅雲母(がんこううんも)ペグマタイト脈がある

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いきのまつばら【生ノ松原】

筑前国早良郡(現,福岡市西区)の海岸にある松原。歌枕。神功皇后手植えの松にちなむという。松原は2.5kmに及び,壱岐直真根子を祭る壱岐神社が鎮座。境内の熊野権現は1293年(永仁1)他宝坊の発願で肥後国の守護代長崎氏や御家人らが勧請した社。肥後国の分担で砂浜に石築地(一部復元)が築かれ,警固番役の勤務処となった。弘安の役では肥後国の軍勢が奮戦した舞台であり,《蒙古襲来絵詞》にも描かれている。玄海国定公園の一部をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

生ノ松原の関連キーワード今津生の松原筑前早良福岡市動物園のこのしまアイランドパーク福岡市民会館マリノアシティ福岡姪浜デイトス富貴の誉

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone