生乳と和牛の価格

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

生乳と和牛の価格

生乳のほとんどは、法律に基づく指定団体を通じて乳業メーカーに販売される。日持ちのしない生乳を指定団体が一元的に集荷し、販売することで、メーカーへの価格交渉力を高めることができ、酪農家の経営安定化につながる。年間を通じ、一定の乳価で取引される。一方、和牛は需給によって価格が変動する。子牛黒毛和種)の平均価格は、繁殖農家の減少などで、ここ3年で約7割値上がりした。

(2016-03-30 朝日新聞 朝刊 岡山全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android