コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生体肝移植のドナー

1件 の用語解説(生体肝移植のドナーの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

生体肝移植のドナー

ドナーの対象は広がり、最年少は17歳、最高齢は69歳。子どもや配偶者、おい、めい、おじ、おば、義理の息子や義理の父母もドナーになっている。04年には初めて知人からの移植が報告された。健康な人の体を傷つける生体肝移植はドナーの安全が第一だが、04年末までに国内で実施された生体肝移植3218例のうちドナー1人が死亡している。日本肝移植研究会の調査では、現在でも2割近くが傷のひきつれや感覚まひ、傷のケロイドがあり、16%のドナーは疲れやすいと答えている。

(2006-03-28 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生体肝移植のドナーの関連キーワード最年少最年長ドナーカード年少広がりライナーノートランドナーガードナー国際賞ドナー石灰岩五輪選手の最年長・最年少

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生体肝移植のドナーの関連情報