コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生保労連 せいほろうれん

世界大百科事典 第2版の解説

せいほろうれん【生保労連】

正称は全国生命保険労働組合連合会。連合の加盟組合。生保労連は,1946年に結成された生命保険会社の事務職員の組合の連合体であった全生保(全国生命保険労働組合連合会)と,営業職員の組合の連合体であった全外連(全国生命保険外務労働組合連合会)が統一して,69年に結成された組織である。なお,この統一以前にも,52年に全生保と全外連によって,生保総連(全国生命保険労働組合総連合会)が設立されていたが,生保産業労働者の一体化への体制整備が行われた結果,現在の生保労連が成立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android