コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生剥げ・生剝げ なまはげ

大辞林 第三版の解説

なまはげ【生剥げ・生剝げ】

秋田県男鹿半島などで、小正月に来訪神を迎える行事。正月15日に数人の青年が大きな鬼の面をかぶり、蓑みのをつけ、木製の刃物・御幣ごへい・桶などを持って家々を訪れて祝福の言葉を述べ、酒食の饗応をうける。なもみはぎ。ひがたたくり。 [季] 新年。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

生剥げ・生剝げの関連キーワード来訪神小正月酒食刃物饗応

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android