コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生名[村] いきな

1件 の用語解説(生名[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いきな【生名[村]】

愛媛県北部,越智(おち)郡の村。人口2304(1995)。芸予諸島に属する生名島と大小9個の無人島からなる。海岸は入江がほとんど埋め立てられて集落,耕地となっている。海を隔てて広島県因島市に対し,同市の造船所などへの通勤者が多い。商圏,文化圏とも広島圏に属し,因島市への編入が議決されたこともある。特筆すべき産業はなく,傾斜地でのかんきつ類の栽培とノリ養殖行われる。藩政時代には松山藩の流刑地で,久万山26ヵ村の農民が紙の専売制と茶の値下がりで年貢に苦しみ,大洲藩に逃散した久万山騒動の責任者で家老の奥平久兵衛が流罪になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

生名[村]の関連キーワード大三島今治伊予越智健三越智武臣越智直越智貞原越智勇一河野好方清家吉次郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone