生川正香(読み)なるかわ まさか

美術人名辞典の解説

生川正香

幕末・明治の国学者・歌人。伊勢津生。薬種商生川春智の子。名は春明、通称は茂五郎・熊五郎等、別号を好間亭・磯の屋等。前川春楼に俳諧を、樋口喜樹・足代弘訓和歌を、本居春庭語法を学ぶ。独学でオランダ語をも学習した。京都・江戸を遊歴し、俳諧・風俗関係の書物を購入し、柳亭種彦らの戯作者を訪問した。小島新蔵に写真術も学ぶ。風俗考証、俳人系譜、語法研究に従事し、和歌を能くした。佐々木弘綱らと交遊があった。明治23年(1890)歿、87才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android