コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生損保の相互乗り入れ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

生損保の相互乗り入れ

生命保険会社と損害保険会社それぞれ子会社をつくり、生保が損保事業を、損保が生保事業を行うこと。新保険業法が施行された1996年4月に解禁された。これを受け、生保6社、損保11社が子会社を設立し、同年10月に互いの事業に新規参入した。規制を緩和し、競争を高めて市場を活性化させる狙いがあった。

(2011-01-08 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone