生江 義男(読み)ナマエ ヨシオ

20世紀日本人名事典「生江 義男」の解説

生江 義男
ナマエ ヨシオ

昭和期の教育者 桐朋学園理事長;日本私学研究所所長。



生年
大正6(1917)年3月2日

没年
平成3(1991)年4月28日

出生地
宮城県石巻市

学歴〔年〕
東京文理科大学史学科〔昭和28年〕卒

経歴
昭和16年母校石巻中教諭となる。18年応召して中国戦線に従軍戦後復職し教職員組合活動にも参加した後、23年から桐朋学園に勤務。桐朋女子部教務・事務主任などを経て、35年幼・小・女子中・高の専任校長となり、“通信簿廃止”“入学時の筆記試験廃止”など次々に個性重視の教育を実践した。また、26年音楽科を併設して、小沢征爾をはじめ多くの人材を輩出させた。37年桐朋学園大学教授兼任、61年桐朋学園理事長に就任著書に「国史学論文要目」「目で見る日本美術史」「シルクロード宗教の道」「飛天うた」などがある。山口瞳の小説「けっぱり先生」のモデルとしても有名。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android