コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活不活発病(廃用症候群)

1件 の用語解説(生活不活発病(廃用症候群)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

生活不活発病(廃用症候群)

震災など環境の変化を機に日々の生活が不活発になった状態が続き、全身の機能が低下すること。足の筋肉が弱って歩きにくくなるだけではなく心肺機能が衰えて疲れやすくなったり、精神面でもうつ状態になったりする。例えば、自宅なら伝い歩きもできたが、避難所は広くて体を支える家具や手すりがないこともあり、あまり歩かなくなっている。高齢になればなるほど危険性は高く、在宅でも1カ月ぐらいで歩行障害が出るとのデータもある。

(2011-04-27 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活不活発病(廃用症候群)の関連キーワードコミュニケーション環境生活空間乗数効果塩噌環境汚染生活不活発病ホメオスターシス環境因子生体応答

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone