生活改善普及事業

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

生活改善普及事業

1948年、農村民主化を目指した連合国軍総司令部(GHQ)の指示で制度ができた。「生改さん」と親しまれた生活改良普及員ピークの68年に2210人いた。2001年に農業改良普及員に統合されて呼称は消えたが、農産加工などに受け継がれている。

(2018-04-24 朝日新聞 朝刊 長野東北信・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生活改善普及事業の関連情報